WordPressテーマ

WordPressテーマを複数サイトで使い回したい!4つ紹介します

更新日:

Wordpressテーマ使い回し
Wordpressのテーマに有料テーマを使おうかと考えているけれど、やっぱり高い…

せっかく買うからには、テーマを複数サイトに使い回したい。

しかし、Wordpressの有料テーマには複数サイトにできるものとできないものがあります。

有料テーマを購入するのなら、複数のサイトに使うことができるテーマを選ぶのは自然のことです。

ここでは、複数のサイトで使うことができる有料テーマの中で、おすすめできるテーマを紹介します。

そもそもWordpressの世界では使い回せるのは普通のこと

テーマを紹介する前に知っておいて欲しいことに、WordpressのGPLライセンスというものがあります。

GPLライセンス
今後の発展を目指して共有するため「利用・コピー・再配布」の制限を禁止していないもの

とはいえ、それほど簡単なものではありませんので、詳しい説明は「WordPressとGPLライセンスについて」を参考にしてください。

GPL違反の例

  • 利用目的の制限(アダルトサイトの使用禁止)
  • 利用回数の制限(1サイトにしか使用できない)
  • 改変の制限(フッターにあるリンクを消してはいけない)
  • 再配布の制限(ソースコードを公開してはいけない)

使い回せないテーマが存在しているのはなぜ?

1回の購入で1サイトでしか使用することができないWordpressのテーマを販売している会社に「OPEN CAGE」という会社があります。

「OPEN CAGE」の利用規約を確認してみると、1サイトにしかテーマを使うことができない理由として次のように書かれています。

テーマ内のPHPファイルはGPLライセンスです。画像やCSSファイル、JavaScriptファイルは独自ライセンスとなりますので、それらをコピーして別サイトとしてご利用いただくことはできません。

引用元:OPEN CAGEご利用規約

つまりこうです。

WordPressのテーマは、PHPやCSS、JavaScriptや画像で形成されていますが、「PHPについてはご自由にどうぞ。それ以外はGPLの範疇じゃありませんよ」ということのようです。

なかなか苦しいですね。

現実には、PHPだけでWordpressのテーマとしては使えないことが分かっていて規定しているのですね。

複数サイトに使えるWordpressテーマ4選

管理人
ここで紹介しているテーマをすべて所有していて、実際に使って感じたことをまとめています。

他にも別記事で所有している有料テーマの中でおすすめできるものを紹介しています。
もちろん、すべてレスポンシブ対応、自動更新通知のある確かなものばかりです。

①ジャンルを選ばずに使える「THE THOR」

THE THORの特徴
デザイン性
高速化対策
SEO対策
初心者おすすめ
記事装飾機能
WPからの更新設定可
AMP対応
レスポンシブ対応
複数サイト利用
言語日本語
提供会社概要
販売会社名FIT-フィット-
所在地栃木県佐野市植野町1836-1 plum203
電話番号050-3112-0763
価格15,984円(税込)

【公式サイト】:https://fit-theme.com/the-thor/

当サイトでもっとも閲覧者の多いテーマです。

無料テーマのLION BLOGを提供しているFITが制作した有料テーマですね。

多機能であるにも関わらず、表示速度が高速というのが人気の理由です。
詳しくは「THE THORの評価」を参考にしてください。

特に、複数サイトで使うのに適しているのは次の2点だと思います。

着せ替えデータで簡単に雰囲気を変えられる

THE THORの着せ替え機能
THE THORにはサイトのデザインを着せ替える機能があります。

現在のところ9種類のデザインデータが提供されているので、これをベースに使えば複数のサイトを作成するときでも別のテーマであるかのように雰囲気を一変させることができます。
着せ替えの方法などは、「THE THORなら超簡単にデザインを着せ替えできる」を参考にしてください。

サイト内記事を分析する機能がある

THE THORの記事分析機能
複数のサイトを作るだけが目的ではありませんよね。

作ったサイトの記事の「文字数」や「キーワードの数」、「リンクの数」などをチェックすることができるので、複数のサイトを作ったときに、アクセスが増えないサイトなどを分析することができます。

当サイトオリジナル特典付でお得

/初心者も上級者も満足できる超高速テーマ\

>> 特典を確認 <<

②安心して使い続けられる「DIVER」

DIVERの特徴
デザイン性
表示速度
SEO対策
初心者おすすめ
記事装飾機能
WPからの更新
AMP対応
レスポンシブ対応
複数サイト利用
言語日本語
提供会社概要
販売会社名高木貴人
所在地東京都江東区三好3-8-15-102
電話番号050-5329-9684
価格17980円(税込)

【公式サイト】:https://tan-taka.com/diver/

トップアフィリエイターから支持を集めているテーマです。

ひとことでお伝えすると、「スポーツカー」ですね。
とても多機能なため、初めのうちは設定可能な項目の多さに戸惑うと思います。

初めのうちは多くの設定をせずに、複数サイトで使い回して徐々になれていけば最強のテーマになるはずです。
詳しくは「DIVERの評価」を参考にしてください。

初心者にも使いやすい記事投稿機能

DIVERの装飾設定
DIVERで記事を投稿するのはとても簡単です。

HTMLやCSSについて詳しくなくても、投稿画面からわずかなクリック数で簡単にボタンやボックスを表示することができます。

他のテーマでも、装飾パーツを呼び出すことはできますが、初心者にもやさしいのは「DIVER」とあとから紹介する「JIN」が優れています。

操作が覚えやすいというのは、複数サイト運営では大切なことですからね。

アップデートは原則永久に無料だから安心

お気に入りのテーマを見つけて、複数のサイトに使用したとします。

使用方法も熟知して、安定していたのに、テーマがメジャーアップデートしたために別の製品になってしまったことでアップデートが終了してしまうことがあります。

しかし、DIVERなら基本的に永年アップデートですから、ずっと進化し続けてくれるので、複数サイト運用でDIVERの操作方法を熟知して無駄になることがありません。

一度購入するだけでずっと使い続けられるので、もっともコスパの良い有料テーマのひとつと言えます。

当サイトオリジナル特典付でお得

/サポートの手厚いテーマ\

>> 特典を確認 <<

③実績で選ぶなら「AFFINGER5」

AFFINGER5のイメージ
WING(AFFINGER)の特徴
デザイン性
高速化対策
SEO対策
初心者おすすめ
記事装飾機能
WPからの更新設定可
AMP対応
レスポンシブ対応
複数サイト利用
言語日本語
提供会社概要
販売会社名株式会社オンスピード
所在地愛知県名古屋市千種区今池1-6-3 ITOビル4階
電話番号052-753-8715
価格14800円(税込)

【公式サイト】:http://the-money.net/

DIVERと双璧をなす高機能テーマです。

AFFINGR5は収益を最大化することを目的として作られているため、「閲覧者の注意をひく」「クリックされやすい」などの工夫がされたテーマで、アフィリエイターからも人気が高いテーマです。

アップデート頻度が高く、機能が追加されることが多いので、使わない機能もありますが、できることが多いということは強みです。
詳しくは「AFFINGER5の評価」を参考にしてください。

着せ替えデータで簡単に雰囲気を変えられる

AFFINGER5の着せ替え機能
先ほどTHE THORでもお伝えしましたが、AFFINGER5にも着せ替え機能があります。

複数サイトで同じテーマを使う上で、簡単にサイトの雰囲気を変えることができるのは大きなポイントです。

AFFINGER5には上位テーマとなる「AFFINGER5 EX」というテーマもありますが、上位テーマにはさらに別の着せ替えデータが用意されています。

他にも、有料の子テーマを購入すればもっと別の顔をしたサイトにすることも可能になっています。

読者を惹きつける工夫が満載

当サイトではAFFINGER5を使用しています。(正確には上位のEX版)

AFFINGER5の装飾の例

ココがポイント

吹き出しにアニメーションを付けることもできます
詳しくはコチラ

動きを付けた装飾が豊富に用意されているので、読者の目につきやすい工夫がされているのが特徴です。

こういった記事内装飾で違いを出すことでも、複数サイトの差別化ができるのではないでしょうか。

当サイトオリジナル特典付でお得

/当サイトもAFFINGER5のお世話になっています\

>> 特典を確認 <<

④覚えやすい操作なら「JIN」

JIN
Emanon Proの特徴
デザイン性
表示速度
SEO対策
初心者おすすめ
記事装飾機能
WPからの更新 不具合あり
AMP対応
レスポンシブ対応
複数サイト利用
言語日本語
提供会社概要
販売会社名赤石 和哉
所在地奈良県奈良市三碓町2200-2
電話番号0742-31-5573
価格14800円(税込)

【公式サイト】:https://jin-theme.com/

アフィリエイターの方が開発に参加しているテーマです。

特にブロガーさんから支持があるようですね。

SEOのノウハウをふんだんに入れ込んだとおっしゃっていますが、どれだけの効果があるのかは不明です。

複数ブログに使い回したいなら、初心者の方でも簡単に操作ができるのでおすすめです。

対して、特化サイトや企業サイトなどに利用されるには少し不向きだと思います。
詳しくは「JINの評価」を参考にしてください。

着せ替えデータで簡単に雰囲気を変えられる

JINも他のテーマと同じく着せ替えデータが提供されています。

全体的な雰囲気はあまり変わりませんが、レイアウトを変更することでいろんなジャンルのサイトを構築することはできます。

しかし、ブログスタイルのサイトが中心になってしまう印象です。

初心者にも使いやすい記事投稿機能

JINの記事装飾機能
先に紹介したDIVERと同じく、JINにも記事内へ装飾パーツを簡単に呼び出す機能があります。

仕上がりのイメージがわかるようになっているので、初心者にとてもやさしい機能ですね。

ここで紹介した他のテーマと比べると機能的には劣りますが、全体的に初心者の方が複数のブログを運営されるのであればJINがおすすめです。

当サイトオリジナル特典付でお得

/操作が簡単なテーマ\

WordPressテーマを複数サイトに使えるメリット・デメリット

個人的に、複数のサイトに利用できるテーマには3つのメリット1つのデメリットがあると考えています。

メリット① 1サイトあたりのコストを安くできる

使い回すことを考えるわけですから、もちろん有料のテーマが対象になります。

複数サイトに利用できる有料テーマは、少し高い傾向があります。1サイトにしか使えないテーマと比較して2~3倍程度の価格でしょうか。

もし、複数のサイト運営をお考えなら、3サイトほどに使えば十分に安くなり、コスパ良く使うことができます。

使い回すほど1サイトあたりのコストを下げることができますよね。

メリット② 新たに使い方を覚える必要がない

最近の有料テーマは多くの機能を搭載しています。

機能が多いということはもちろん使いこなすにもそれなりの慣れが必要になります。

複数のサイトを運営するのに、同じテーマを使用すれば操作に精通することができるので、効率よくサイトを作り上げることができます。

メリット③ 他サイトで作成したCSSをそのまま使える

メリット②の操作に慣れることができることと近いですが、別のサイトで作成した文字やボックスなどの装飾のために作成したCSSをそのまま別のサイトに持っていくことで、すぐに同じデザインを使うことができます。

そのため、別サイト用にデザインを変更するにしても、カスタマイズするベースとして利用できるので大幅に作業時間の短縮が狙えます。

デメリット① サイトごとのデザインが似たものになりやすい

WordPressのテーマ、特に有料のものになると、初心者でもきれいなサイトが作れるようにデザインが出来上がっていることが多いです。

それはメリットではありますが、同じテーマを複数のサイトに使うと、少しカスタマイズしても同じような雰囲気のサイトに仕上がる傾向があります。

しかし、デザインレイアウトを自在に変更できる有料テーマを選ぶことで、デメリットを最小限に抑えることができます。

管理人
ここまでの説明で、デメリットが小さいテーマを選べば、むしろ使い回しできるテーマを選ぶのが有利だということがわかります。

【注意】複数サイトに使い回しできないテーマの例

複数サイトに同じテーマを使うことを検討している方が、間違ってテーマを選ぶことがないよう、複数サイトに使用できないWordpressテーマも紹介しておきます。

テーマごとというよりは販売元のライセンスの考え方によると言えます。

注意
1サイトにしか利用できないテーマが劣っているわけではありません。高コストにはなってしまいますが、デザインや機能が気に入った場合は購入されるのも良いと思います。

OPEN CAGE製テーマ

OPEN CAGEのテーマ
公式サイト:https://open-cage.com/

OPEN CAGEのテーマは一時期ブロガーさんの間で絶大な人気を誇ったテーマです。

デザインに優れた良いテーマが多いですが、AMP未対応や1サイトのみしか使えないなど少し古さが否めない印象です。

スワロー9,900円
ストーク10,800円
ハミングバード7,980円
アルバトロス7,980円

DigiPress製テーマ

Digi Press
公式サイト:https://digipress.info/

TCDと並び、洗練されたデザインのテーマを販売しているDigiPressですが、以前までは複数サイトでの利用が許可されていましたが、ライセンスの考え方を変えたようで、今では1ライセンスで1サイトにしか使用することができなくなってしまいました。

私もDigiPress製テーマを所有していますが、とても優秀なテーマです。

複数サイトに使用できる時期に購入された方は今でも複数のサイトに使い回すことができます。

とてもかっこいいデザインのテーマが多いだけに、複数サイトに利用できないのがとても残念なところです。

これから始める人におすすめ2の記事

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバーを集めました

すぐに確認する

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!
おすすめのテーマ徹底比較

すぐに確認する

-WordPressテーマ

Copyright© スタープレス , 2019 All Rights Reserved.