プラグイン

「All-in-One WP Migration」の使い方 | ワードプレスの移転やバックアップに最適なプラグイン

更新日:

Wordpress移転プラグイン解説
ワードプレスは自由度が高いため個人のブログやサイトに人気があります。

しかし、バックアップやサーバーを移転したいとなると敷居が上がってしまいますよね。

そのせいでなかなかレンタルサーバーを変更できないなんてことも多いと思います。

ワードプレスを使ったブログやサイトのバックアップやサーバーの移転には、プラグイン「All-in-One WP Migration」がもっとも簡単な方法のひとつだと断言できます。

ここでは、プラグイン「All-in-One WP Migration」を使ったバックアップや移転方法についてお伝えしていきます。


プラグイン「All-in-One WP Migration」とは

All-in-One WP Migration
【プラグインサイト】:All-in-One WP Migration

All-in-One WP Migrationは、わずか数クリックでワードプレスを使ったサイト全体のエクスポートとインポートができる超便利なプラグインです。

通常、ワードプレスを使ったブログやサイトをバックアップするには、サイトデータとデータベースを別々にバックアップする必要がありました。

また、サイトの移転ではバックアップデータから復元してもURLの変更をともなう場合にはサイト内のURLをすべて書き換えないとならないなど、手間と時間がかかる初心者には敷居の高いものでした。

プラグイン「All-in-One WP Migration」を使えば、初心者でもとても簡単にバックアップやサーバー移転ができますから、ぜひ使って欲しいと思います。

エクスポート機能

  • 1ファイルに、「記事」「コメント」「画像」「データベース」などサイト全体のエクスポートが可能
  • 「コメント」や「データベース」などを対象外にするなど細かな設定が可能
  • エクスポート先にローカルPCだけでなくクラウドサービスへ直接エクスポート可能
  • サイト内の文字列を置換してエクスポートが可能

対応エクスポート先

ファイル / FTP / DROPBOX / GOOGLE DRIVE / AMAZON S3 / BACKBLAZE B2 / ONEDRIVE / BOX / MEGA / DIGITALOCEAN / GOOGLE CLOUD / AZURE STORAGE / AMAZON GLACIER / PCLOUD / WEBDAV / S3 CLIENT

インポート機能

  • All-in-One WP Migrationで作成したエクスポートファイルを上書きしてインポートが可能
  • インポート内容を個別に指定してインポートすることはできない(画像だけなど)
  • 無料版ではファイルサイズが512MBまでしかインポートできない(有料版は$69)

対応インポート元

ファイル / URL / FTP / DROPBOX / GOOGLE DRIVE / AMAZON S3 / BACKBLAZE B2 / ONEDRIVE / BOX / MEGA / DIGITALOCEAN / GOOGLE CLOUD / AZURE STORAGE / AMAZON GLACIER / PCLOUD / WEBDAV / S3 CLIENT

WordPressサイト全体をAll-in-One WP Migrationでバックアップする使い方

All-in-One WP Migrationを使ったバックアップ
ここでは、サイトのバックアップ目的でエクスポートする手順をお伝えします。

ここで言うバックアップは、同じURLへ復元することを目的としたエクスポートを指します。

レンタルサーバーにバックアップ機能がない場合でも、このプラグイン「All-in-One WP Migration」を使って、定期的にバックアップをとっておけば、レンタルサーバーに障害が起こったときにワードプレスを復旧することができるのでおすすめです。

step
1
ワードプレス管理画面左メニューの[All-in-One WP Migration]-[エクスポート]をクリックします。


All-in-One WP Migrationのメニュー

step
2
[高度なオプション]をクリックしてバックアップから除外したい項目や、[エクスポート先]をクリックしてバックアップファイルを出力したい場所を指定します。


All-in-One WP Migrationのエクスポート画面
初期設定では、画像やコメント、データベースなどすべてをバックアップするようになっています。(よくわからない場合は初期設定のままで良いと思います。)

除外できる項目

  • スパムコメント
  • 投稿リビジョン
  • メディアライブラリ
  • テーマ
  • 必須プラグイン
  • データベース

step
3
エクスポートデータの作成が始まりますので、しばらく待ったあと[(ファイル名)をダウンロード]をクリックします。


All-in-One WP Migrationでダウンロードを開始する

step
4
バックアップファイルのダウンロードが完了したことを確認して終了です。


All-in-One WP Migrationのバックアップファイル

拡張子が「.wpress」となったファイルが1つダウンロードされます。
ファイル名は「ドメイン名+日付」になっています。
ファイル名を変更してもインポート(復元)時には影響されません。

All-in-One WP Migrationバックアップファイルからインポート(復元)する使い方

All-in-One WP Migrationでインポートする

バックアップファイルをインポートするには、インポート(復元)先にもAll-in-One WP Migrationプラグインをインストールしておく必要があります。


step
1
ワードプレス管理画面左メニューの[All-in-One WP Migration]-[インポート]をクリックします。


All-in-One WP Migrationのメニュー

step
2
インポート(復元)したいバックアップファイルをドラッグします。


バックアップファイルをドラッグ

step
3
上書き確認してもよいか確認があります。[開始]をクリックしてインポート(復元)を開始します。


バックアップを開始します

step
4
インポート予定のデータのチェックとインポートに数分かかります。[データを正常にインポートしました。]というメッセージを確認して、[閉じる]をクリックします。


インポート(復元)の完了

step
5
バックアップデータの復元が完了すると、パーマリンク設定を更新する必要があります。ワードプレスの管理メニューの[設定]-[パーマリンク設定]をクリックして、[変更を保存]をクリックします。


パーマリンクの更新

設定を変更するわけではなく、あくまでも保存し直すというイメージです。
何も変更せずに[変更を保存]をクリックしてください。

All-in-One WP Migrationバックアップデータをインポート(復元)できないときの対処法

ファイルサイズが大きすぎて復元できない
All-in-One WP Migrationは無料版プラグインでも512MBまで対応できると記載されています。

でも、実際に512MB以下のバックアップファイルからインポート(復元)をやってみたけれど、「復元できない!」ということがあります。

バックアップファイルのファイルサイズが大きいことが原因」です。

「サイトの最大アップロードサイズを超過しています:30MB」などと表示されることがあります。

これは、あなたのサイト側の設定でアップロードできるファイルの大きさを制限しているためです。

対処するためには、レンタルサーバー側の制限を解除する必要があります。

正確には、ワードプレスはPHPというプログラムを利用して動作しています。

PHPは「PHP.ini」というファイルに使用上のルールが記載されていて、アップロードできるファイルサイズを制御しているのです。

エックスサーバーでのアップロードファイルサイズ変更手順

ここでは、個人の利用者の多い「エックスサーバー」で制限を解除する手順についてお伝えします。

他のレンタルサーバーであっても、「PHP.ini」の編集をする手順を調べていただければ似たような作業でできるはずです。

step
1
エックスサーバーの管理画面から[PHP]-[PHP.ini設定]をクリックします。


エックスサーバーの管理画面

step
2
アップロードファイル容量を増やしたいドメインを選択します。


復元先ドメインの選択

PHP.iniはドメイン単位で設定ができます


step
3
「PHP.ini設定変更」タブをクリックして、下へスクロールします。[post_max_size]と[upload_max_filesize]の2ヵ所をアップデートしたいファイルの容量以上に変更して[確認画面へ進む]をクリックします。


PHP.ini編集箇所

step
4
内容を確認して[変更する]をクリックして完了。All-in-One WP Migrationからインポートできるようになっているはずです。

WordPressサイト全体をAll-in-One WP Migrationで移転する使い方

All-in-One WP Migrationはワードプレスで作られたサイトやブログ全体をひとつのファイルにバックアップしたり、復元したりできるプラグインですが、うまくつかうことでワードプレスで作ったサイトを丸ごと移転することにも使うことが可能です。

しかし、移転にはいろいろなケースがありますから、それぞれ必要な作業手順は違ってきます。

ここでは、移転ケースによって必要になる手順についてお伝えしておきます。

同じサーバーにURLを変更して移転する使い方

ワードプレスサイトの移転イメージ
All-in-One WP Migrationはバックアップを作成するときに文字列を置換する機能を持っています。

URLが変更することが前提ですので、URLを置換してバックアップを作成しましょう。
置換文字列を設定
手順としては、通常のバックアップ作成時に文字列の置換条件を指定するだけです。

置換条件に移転前URLと移転後URLを入力するだけで、記事内を含め他のプラグインで保存されている部分まですべてが置換されるのでとても便利です。

便利な使い方として、すでに運営しているサイトやブログのテーマを変更したいときなどに有効です。

既に運営しているサイトやブログを一時的に同じサーバーのテストドメインに移転して、そこでテーマを変更してCSSの修正やテーマの設定を行います。

テーマの変更が完了したら元のサイトに上書きすることでスムーズにテーマを変更することができます。

他にも、同じようなデザインを使ってサイトを作る場合にも、コピーしたサイトをベースに作ることができますね。

別のサーバーにURLを変えずに移転する使い方

ワードプレスサイトの移転イメージ
契約しているレンタルサーバーを変更したい場合がこれに該当します。

他のサイトではこのAll-in-One WP Migrationプラグインを使って簡単にサイトの移転ができると紹介されていますが、実はそれほど簡単ではありません。

運営中のサイトやブログを停止せずに移転するには、ドメインに関する変更が必要になるからです。

そのあたりの注意点の説明がまったくありませんので、準備をせずに行うと失敗する可能性があります。

All-in-One WP Migrationを使ったバックアップという意味では確かに簡単ですが、サーバーの変更を伴うサイト移転は最新の注意で行うようにしましょう。

大まかな流れは次のとおりです。

サーバーを変更するサイト移転手順の例

  1. All-in-One WP Migrationを使ってサイト全体をバックアップ(置換なし)
  2. ドメインのネームサーバーを変更する
  3. 移転後サーバーにドメインを追加する
  4. 必要に応じてSSL化をする(サーバーによっては数時間から数日後にしかできない可能性あり)
  5. 移転後サーバーへワードプレスをインストールする
  6. hostsファイルを編集して一時的に新サイトへアクセスできるようにする
  7. All-in-One WP Migrationをインストールしておく
  8. 移転先ワードプレスにバックアップファイルをインポートする
  9. ネームサーバーの変更が一般的に更新されたことを確認してhostsファイルを元に戻す
  10. 移転前サイトを削除する

ここであげた手順は例であり、お使いのレンタルサーバーによっては異なる可能性もあります。
また、方法についても他の方法も考えられますので、自己責任で作業を行ってください。

SSL化したサイトをダウンさせずに移動させるには、各レンタルサーバー会社によってタイミングを考えなければならないことがあります。

私が実際に「エックスサーバー」へ移転したときの手順を記事にまとめていますので、少しはお役にたてるのではないかと思います。

これから始める人におすすめ2の記事

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバーを集めました

すぐに確認する

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!
おすすめのテーマ徹底比較

すぐに確認する

-プラグイン

Copyright© スタープレス , 2019 All Rights Reserved.