スターサーバーのアクセス解析の使用感

ブログを公開して、記事を書いていていくと、やっぱりどれくらいの人がブログを読んでくれているのか気になりませんか?

たくさんの人が自分のブログを読んでくれて、何かを感じてくれていると思うと、記事を書くモチベーションが上がりますよね。

他にも、自分のブログの直した方が良いことなども見えてくるかもしれません。

しかし、アクセス解析ツールとして有名なものにGoogleアナリティクスがあります。最近では、このGoogleアナリティクスを使用することが当たり前のような空気がありますが、私個人としてはGoogleアナリティクスはあまり好きではありません。

とはいえ、私もGoogleアナリティクスを使っているひとりで、スターサーバーのアクセス解析を使ったことはありません。

良い機会なので、スターサーバーのアクセス解析を設定して少し使って見たいと思います。

スターサーバーのアクセス解析設定手順

  1. サーバー管理ツールの左メニュー[ホームページ]-[アクセス解析]をクリックし、アクセス解析を導入したいドメインを選択します。
  2. ドメインを確認して[確認画面]をクリックします。
  3. [確定する]をクリックします。
  4. 「ログイン」をクリックすると、管理パネルが表示されました。

スターサーバーのアクセス解析ツールは実用的ではない

導入したところなので、何もデータは取得されていませんが、いろいろな画面を見てみて感じたのは、使いやすそうという印象でした。

統計情報も、「月別/日別/時間別/曜日別/ページ別」の確認をすることができるし、閲覧者の情報では「OS別/ブラウザ別/IPアドレス別/国・ドメイン別」などでも確認することができるので、初心者の人にとっては十分な統計が取れると思います。

しかし、Googleアナリティクスのようなユーザーの行動を負うなどの複雑な統計はできませんので、閲覧者の動きを詳細に解析したいと考えている人にとってはあまり使えないと感じるかもしれません。

自分を除外する設定がない

最大のマイナスポイントは、「自分自身のアクセスを除外する機能がない」ということです。

IPアドレス別の統計ページでは、特定のIPアドレスを除外して表示できますが、そのIPアドレスをシステム側で保持してくれないようなので、毎回自分のIPアドレスを入力する必要があるので大変手間です。

ブログやサイトを運営している人からすると、生の閲覧者を知りたいはずなので、自分を除外できないのは致命的なデメリットです。

個人的にはGoogle製のツールは使いにくいと感じることが多く、別のアクセス解析ツールを探しているような状況ではありますが、このスターサーバーのアクセス解析を使うことはないかと思います。

ただし、別のツールを使用することで代替え可能なので、これをもってスターサーバーの評価が下がるほどのものではありません。

Googleアナリティクスで代用すれば問題ではない

Googleアナリティクスは、多機能高機能なため多くの人が使用しているアクセス解析です。

多機能がゆえに、ライトユーザーからすると、良くわからない項目も多くありますから、決してとっつきやすいとは言えません。

しかし、ライトユーザーが確認するような、ページビュー数などの確認は簡単な操作で表示することができるので、ライトユーザーであってもこのGoogleアナリティクスを使用してみるのが良いかと思います。

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバーを集めました

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!おすすめのテーマ徹底比較