レンタルサーバー

独自SSL(HTTPS)が無料で使えるレンタルサーバーが今のトレンド

更新日:

SSL(https)を無料で使う

お悩み女性
なんかSSLとか最近よく聞くけど、いったい何なの?

検討中男性
なんか安全な通信がどうのこうの...だよね

そうそう最近じゃ無料で使えるサーバーも出てるから、使えるレンタルサーバーを選ぶようにしようねって話をします。
管理人

SSLって何?

SSLとは、暗号化して通信を行うための規格です。

少し前から、金融関係のサイトなどでは、重要な内容を通信しているということで、セキュリティを高めるために通信をSSL化していました。

それが、いまや個人のブログにまで浸透してきたということです。

技術的なことを理解する必要はまったくありません。

GoogleがこのSSL化を推奨しているため、これから長期にブログ運営をしていくのであればSSLに対応していることは必須だと思ってください。(ブログ運営途中でSSLを導入するとデメリットが多いため)

当サイトでも、通信をSSL化しています。

<< chromeでの表示 >>

ブラウザのURLの欄を見てみると、ブラウザごとに表示は違いますが、通信が保護されていることを確認することができます。

サーバーとの通信プロトコルが「HTTP」から「HTTPS」へ

通信プロトコルとは通信する内容をやりとりするときの言葉の種類のようなものです。

具体的には、SSL化する前のサーバーとの通信プロトコルは「http」ですが、SSL化することで「https」へと変わります。

httpsは「HTTP over SSL/TLS」の略です。

検討中男性
そんなことはいいから、なぜそのSSL化しないといけないの?

なぜSSL化しなければならないの

Googleさんのご指示

Googleは2014年にも、SSL化(安全な通信を確保)していることを、検索順位に反映していくよと通知しているんですね。

HTTPS をランキング シグナルに使用します

ただ、そこまでの影響度もないことと、SSL化には費用がかかったことから企業などからSSL化が進んできました。

2018年7月からSSL化しないと危険な通信として扱われてしまう

「Chrome 68」から全HTTPサイトに警告表示へ--7月リリース
 Googleは、2018年中に「Chrome」ブラウザで、HTTPS暗号化を導入していないすべてのウェブサイトに「Not secure(保護されていません)」と表示することを明らかにした。

 ブラウザのアドレスバーに緑色の鍵アイコンまたは「Secure(保護された通信)」メッセージが表示されないサイトはすべて、セキュアでないと見なされる。

 GoogleでChromeセキュリティチームの製品マネージャーを務めるEmily Schechter氏は、7月にリリース予定の「Chrome 68」でこの変更を適用すると認めた。

参照元:CNET Japan

今までは、SSL化しているサイトに対して「安全な通信ですよ」と言っていただけで、非SSL化サイトに対して何もアクションがなかったんですが、2018年7月リリース予定のChromeからは、非SSL化サイトに対して「保護されていません」と表示することを決めたのです。

これってすごいことですよね?

SSL化しないと、あたかも危険なサイトと誤認させてしまうことがあるわけですよ。

Googleさんの権力はすごいなと...

でも、これからあなたがブログを運営していきたいのなら、言うこと聞かないわけにはいかないわけですよね。

まだ対応できていない企業や官公署も多くあるなかで、まったなしの状況になってきているのです。

どうやってSSL化するのか

無料で独自SSLに対応できるサーバーを利用する

最近では、無料でSSL化できるレンタルサーバーが多く出ています。

当サイトでは管理人が独断で絞った6つの初心者向けレンタルサーバーをおすすめしていますが、当然すべて無料でSSL化することができます。

今からブログを始めようとする人は、必ずこのSSL化に対応しているレンタルサーバーを選んでください。

実際の作業ですが、新規にブログを立ち上げる場合は、難しい操作や設定は必要ありません。

契約したレンタルサーバーの管理パネルから、対象のドメインを指定するだけなので、初心者の人でも問題なく設定できます。

注意 既存のブログをSSL化するとURLが変更されてしまうため、リンクが切れてしまうため、「リダイレクト」という方法で新しいアドレスへと誘導してあげる設定が必要になります。

HTTPSプロトコルで高速化できるメリットもある

SSL化は、通信を暗号化することでセキュリティを強化できますが、それ以外にもサーバーとの通信プロトコルが次世代のhttps(HTTP/2)というプロトコルを使うことになります。

このHTTP/2になって何が違うのかを簡単に説明すると、今までのサーバーとのやりとりは、「ひとつの作業が終わってから次の作業に入る」ということから「同時に作業ができるようになる」ということで、通信速度が速くなることが期待できます。

つまり、HTTP/2を使うことであなたのブログの表示速度が速くなるということです。

まとめ

今回のまとめはただのひとことですね。

「これからレンタルサーバーを選ぶには独自SSL(HTTPS)が無料で使えるサーバーを選んでください。」

これだけです。

独自SSL(HTTPS)が無料で使えるサーバー

エックスサーバースターサーバーロリポップmixhostJETBOYさくらの
レンタルサーバ
プラン名X10スタンダードスタンダードスタンダードファーストSSDスタンダード
初期設定3000円3/31まで無料1500円無料750円
(半額キャンペーン)
1029円
月額費用900円~
(税抜)
500円~
(税抜)
500円~
(税抜)
880円~
(税抜)
580円~
(税抜)
515円
(税抜)
無料お試し10日間14日間10日間30日間14日間14日間
サーバータイプ共用クラウド共用クラウドクラウド共用
仮想CPU3コア2コア2コア
ディスク容量SSD200GBSSD100GBHDD120GBSSD+HDD40GBSSD20GBHDD100GB
MySQL50個20個30個無制限20個20個
マルチドメイン無制限無制限100個無制限無制限20個
サブドメイン無制限3000個500個/1ドメイン無制限無制限20個
簡単
インストール
セキュリティ
無料独自SSL(HTTP/2)
管理人の
おすすめ度
管理人の
口コミ評価
口コミ評価 口コミ評価 口コミ評価 口コミ評価 口コミ評価 口コミ評価

これから始める人におすすめ2の記事

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバーを集めました

すぐに確認する

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!
おすすめのテーマ徹底比較

すぐに確認する

-レンタルサーバー

Copyright© スタープレス , 2019 All Rights Reserved.