レンタルサーバー

ワードプレス向けレンタルサーバー6社をスペックで比較!!

更新日:

ワードプレスレンタルサーバースペック比較
ハイスペック!!」「高性能!!

レンタルサーバー各社がアピールしているけど、ほんとのところどうなんだろう?

そんなこと思いません?

普通にブログしたいだけなのに、そんな知識持ってるわけないじゃん!!

それが事実ですよね。

私も詳しくはありませんが、できる限りで比較してみました。

初心者には良くわからない用語や数値が出てくるので、結果だけを知りたい人は、一番下の「まとめ」だけを読んでみてください。


ワードプレスプラグイン「Server Status」でスペックを入手

プラグイン「Server Status」

スペックや環境を調べるために「Server Status」というプラグインを使用しました。

Server Status

このプラグインでいろんなことがわかるんですね。

ここから気になる項目を確認していきます。

比較するサーバースペックの項目

Server Statusはたくさんのことを教えてくれるんですよね。

でも、基本的なことしかわからないので、一部の情報で比較します(汗)

スペック項目内容
OS TypeOSの種類
Server Softwareサーバーソフトウェア名
CPU CoresCPU数
クラウド型の場合は割り当てられているvCPU数の場合あり
Load Average1CPUにおける単位時間あたりの実行待ちとディスクI/O待ちのプロセスの数
Database Sizeデータベースの使用容量
MySQL Version使用しているMySQLのバージョン
PHP Version使用しているPHPのバージョン
Max Upload, Post Sizeアップロードデータの最大容量と投稿記事の最大容量
Memory Usageメモリ使用量
WP Memory LimitPHPが使用するメモリ上限値
デフォルト値:40MB
WP Admin Memory Limit管理者タスク実行時にPHPが使用するメモリ上限値
デフォルト値:256M
Opcache Size
(Max Files, Revalidate)
コードをコンパイルして共有メモリへ保存する
共有メモリサイズ(文字列格納時のメモリ量,スクリプトの最大数)

おすすめサーバー6社のスペック値比較

参考 6社のサーバーに、全く同じサイトを構築して実験した数値を比較しています。

サーバー比較一覧表

スペック項目XSERVERStarServerロリポップmixhostJETBOYさくら
インターネット
OS TypeLinuxLinuxLinuxLinuxLinuxFreeBSD
Server SoftwareApacheApacheApacheLiteSpeedLiteSpeedApache
CPU Cores40 Cores40 Cores(3 Cores)非公開2 Cores2 Cores非公開
Load Average0.77, 0.81, 0.862.73, 2.71, 3.45非公開5.93, 6.24, 6.333.18, 3.18, 3.391.33, 2.26, 2.17
Database Size11.48 MB10.91 MB11.23 MB11.23 MB11.27 MB11.31 MB
MySQL Version5.7.165.7.165.6.2310.1.245.6.365.7.21
PHP Version7.1.47.0.187.1.57.2.17.1.117.1.14
Max Upload
Post Size
30M, 30M30M, 30M100M, 100M64M, 64M2M, 8M5M, 8M
Memory Usage16M (6%) of 256M6M (2%) of 256M26M (20%) of 128M14M (5%) of 256M38M (15%) of 256M16M (6%) of 256M
WP Memory Limit40M40M128M40M40M40M
WP Admin
Memory Limit
256M256M128M256M256M256M
Opcache Size
(Max Files, Revalidate)
128M
(10000, 2 secs)
64M
(2000, 2 secs)
128M
(10000, 2 secs)
128M
(4000, 2 secs)
0
(0, n/a secs)
128M
(10000, 2 secs)

スペック非公開は自信の無さ

「ロリポップ」と「さくらインターネット」では、CPUのスペックを非公開としているようです。

コア数などの詳細情報を得ることはできませんでした。

しかし、さくらインターネットは実際の管理画面を確認すると「Intel Xeon E312xx(4コア)」というCPUを使っていることがわかります。

これは、他社と比較するとかなり性能的に劣っています。

また、ロリポップに至っては、Load Averageも非公開となっていて、スペックを数値で確認することがほとんどできません。

同じサーバータイプであるエックスサーバーがスペックを公表しているところを見ると、非公開項目のあるこの2社は「サーバースペックに関しては他社と比較して劣っている」と推測することができます。

スペックはエックスサーバーとスターサーバーが一枚上手

共用サーバーとクラウド型が混じっているので、簡単にスペックを比較することはできませんが、実際の管理画面から確認できるCPUの型番などから比較してみました。

ハイスペックと言えるのはこの3社

エックスサーバーと他2社は、サーバーのタイプが違うので、一概に言えませんが、スターサーバーとmixhostならスターサーバーの方が、CPU機種でも割り当てられるコア数でも上です。

エックスサーバーはハイスペックですが、他の同居者の数やPV数によって変化するためハッキリとは比較できません。

WordPressに関わるスペックを比較

Max Upload Post Size

アップロードできるデータ量ですが、適正なセッティングの答えというものはないと思いますが、「JETBOY」と「さくらインターネット」の数値が他社と比較してかなり小さい数値であるのが気になりますね。

明らかにサーバーへの負荷を考えてのように思いますから、若干のマイナスポイントといったところでしょうか。

Memory Usage

メモリ使用量ですね。

見ていただくとわかりますが、全く同じサイトを構築したにも関わらず、結構な差があります。

ロリポップはメモリの上限値も他社の半分という数値になっていますね。

各社のスペック以外のサーバー構築のノウハウの差と見ることができますね。

メモリ使用率の低い3社

  • スターサーバー
  • mixhost
  • エックスサーバー

WP Memory Limit/WP Admin Memory Limit

WordPressで使用するメモリの上限値です。

「WP Memory Limit」は閲覧などに関する部分で「WP Admin Memory Limit」は管理画面からの操作に関する部分ですが、通常は記事の更新など負荷をかけることが多い「WP Admin Memory Limit」の数値の方が大きく設定されているものです。

こちらについても、各社の考えがありますので、ベストな数値というものはないと思いますが、「ロリポップ」だけが閲覧時と管理時で同じだけのメモリ上限を設定しているのが少し気になります。

Opcache Size

高速化するための仕組みのひとつです。

これに関してはは「エックスサーバー」「ロリポップ」「さくらインターネット」の共用サーバー型のサーバーで大きな数値となっているようですね。

JETBOYについては、この機能すら使っていないことがわかります。

クラウド型はサーバーのスペックをユーザー毎に割り当てているため、この機能を使う必要がないとの判断でしょうか。
(すみません。技術的知識が乏しいため推測でしかありません。)

レンタルサーバー6社のスペック比較まとめ

共用サーバーとクラウド型が混在しているため、はっきりとした分析はできませんでしたが、サーバーそのもののスペック」の他に「WordPress用設定」もページ表示速度やサーバーの安定感に関係することがわかります。

各社デモサイトなどはページ数やデータ量も少ないため、それほどの差を感じることはないでしょうけれど、実際にブログを開設してみると思いのほか差があったということも考えられます。

今回、全く同じサイトを構築してみての数値で各社を比較した結果、管理人の判断で優秀だと思うサーバーは次の3社と結論づけます。(順位としては決めていません)

管理人が考える優秀な3サーバー



エックスサーバー評価と口コミ

【X10プラン】

初心者おすすめ度:
サーバースペック:
 ページ表示速度:
  運営企業実績:

初期費用:3000円
月額料金:900円~(税抜)
ずっとドメインが無料キャンペーン中!!10/31まで

共用 SSD 無料独自SSL MySQL50個 WP自動インストール WPセキュリティ 高速化対策 電話サポート

/絶対に失敗したくない人におすすめ\

スターサーバー評価と口コミ

【スタンダードプラン】

初心者おすすめ度:
サーバースペック:
 ページ表示速度:
  運営企業実績:

初期費用:0円
月額料金:500円~(税抜)
初期費用無料キャンペーン中!!9/28まで

クラウド型 SSD 無料独自SSL MySQL20個 WP自動インストール WPセキュリティ

/とにかくコスパ重視の人におすすめ\

mixhost評価と口コミ

【スタンダードプラン】

初心者おすすめ度:
サーバースペック:
 ページ表示速度:
  運営企業実績:

初期費用:0円
月額料金:880円~(税抜)

クラウド型 SSD 無料独自SSL MySQL無制限 WP自動インストール 高速化対策

/クラウド型で機能も充実させたい人におすすめ\

これから始める人におすすめ2の記事

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバーを集めました

すぐに確認する

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!
おすすめのテーマ徹底比較

すぐに確認する

-レンタルサーバー

Copyright© スタープレス , 2019 All Rights Reserved.