mixhost

mixhostの初心者おすすめプラン【プラン比較】

更新日:

mixhostプラン比較

管理人
mixhostも「クラウド型 + レンタルサーバー」の最新ハイブリットです。
なんかかっこいいですよね。

あ、関係ないですよね。初心者向けプランを探すんでしたね。

mixhost各プランの機能一覧

機能スタンダードプレミアムビジネスビジネスプラスエンタープライズ
ディスク容量SSD 40GBSSD 60GBSSD 80GBSSD 120GBSSD 160GB
CPU仮想2コア仮想3コア仮想4コア仮想6コア仮想8コア
メモリ1GB2GB4GB8GB16GB
転送量目安1TB/月1.5TB/月2TB/月3TB/月4TB/月
マルチドメイン無制限無制限無制限無制限無制限
サブドメイン無制限無制限無制限無制限無制限
MySQL(MariaDB)無制限無制限無制限無制限無制限
追加FTPアカウント無制限無制限無制限無制限無制限
無料SSL
独自SSL
WordPress高速化
月額料金880円~1780円~3580円~7180円~14380円~
いや、もう値段見ただけで初心者はスタンダードプラン1択になってしまう感じだな。

性能面では初心者にどうなんだろ。見ていこう。

管理人

/クラウド型で機能も充実させたい人におすすめ\

全プラン共通のおすすめポイント

やはりクラウド型はどれも高いスペックのサーバーを使用していることが多いですね。

JETBOYと同じく個人向けのレンタルサーバーにしてはサイトの高速化にこだわっていますね。

ただ、ライバルよりも少し料金が高いということで、当然と言えば当然ですね。

HDDより3倍高速なSSDを採用

データベースには読込み速度が高速なSSDを全プランで使用しています。

家庭のPCに使われているようなハードディスクじゃなく、読込み速度が3倍も高速なSSDが使われています。

最近では家庭用のPCにも使われるようになってきているので、その圧倒的な速さを実感したことがある人も多いのではないでしょうか。

爆速Webサーバー「LiteSpeed」を採用

あのApacheよりも高速なことで、急激に注目が集まっているWebサーバーのLiteSpeedを採用しています。

まだまだLiteSpeedを使っている格安レンタルサーバーは少ない中で、mixhostはいち早く導入しています。

さらに、LiteSpeed専用の高速化プラグインも用意されていているので更に高速にすることができます。

今では必須の機能が全てのプランで使える

複数のブログが運営できるように「マルチドメイン」や「複数のデータベース」、「無料で使える独自SSL」が一番安いスタンダードプランでも当たり前のように使えちゃいます。

ライバルに比べて少し料金が高いことが気にはなりますが、この高スペックなら仕方がないかというところです。

プランごとの差はサーバーのスペックだけ

各プランの差を見てみると、複数のブログ運営や暗号化通信などの機能はすべてのプランで使用することができますが、サーバーのCPUやメモリの能力、ディスクの大きさに違いがあります。

つまり「できることは同じ」で、あとはページ表示の速さや保存できるデータの量が違うということです。

あなたがどのくらいの能力が欲しいかで決めれば良いのです。

初心者なら迷わずスタンダードプランで十分

mixhostが高機能なサーバーなことはわかりますが、一番安いプランでも月額880円~となると、初めてブログを始める個人向けと考えると少し高い気もします。

それに、一つ上のプレミアムプランになると、値段は倍以上に上がってしまうけれど、ディスクやCPU性能が2倍になるわけではありません。

スタンダードプランを2つ契約した方が、複数ブログを運営するのにも有利な気がします。

mixhostの場合、上位プランになるほどその傾向が強いように感じます。

管理人
どれか選ぶなら、スタンダードプランが一番コスパが良いのは間違いないですね。

プレミアムプラン以上だと、初心者が使うサーバーにしては高すぎるし、値段設定がおかしいよね。

/クラウド型で機能も充実させたい人におすすめ\

これから始める人におすすめ2の記事

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバーを集めました

すぐに確認する

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!
おすすめのテーマ徹底比較

すぐに確認する

-mixhost

Copyright© スタープレス , 2019 All Rights Reserved.