【スターサーバー】ワードプレス簡単インストール手順

レンタルサーバーのスターサーバーは、格安でありながら高機能で、初心者の方でも簡単にワードプレスをインストールすることができるように、「簡単インストール」という機能が用意されています。

初心者の方がワードプレスを使ってブログを始めるとき、「少し敷居が高い」と感じてしまうということを聞きます。

ここでは、初心者の方がレンタルサーバーのスターサーバーを使って、ワードプレスでブログが始められるように、簡単インストールの手順を説明します。

ワードプレス簡単インストールのメリット/デメリット

メリット

  • インストールに関する知識はほぼ不要
  • インストール時間が大幅に軽減できる
デメリット

  • 空のデータベースが必要になることから、1ブログに対して必ず1つのデータベースが必要になる
    (接頭辞を自由に変更することができれば1DBで複数のワードプレスのインストールが可能ですがおすすめはしません)

こんな方におすすめ

  • 初心者の人で、作業に自信の無い場合は「自動でデータベースを生成する」の方法がおすすめ
  • 複数のブログを運営する予定の人で、各ブログごとのデータベースを判別しやすく管理したい場合は「作成済みのデータベースを利用する」の方法がおすすめ

ワードプレス簡単インストール手順

  1. サーバー管理ツールの[ホームページ]-[データベース設定]をクリックし、ワードプレスをインストールしたいドメインを選択します。
  2. [追加インストール]タブを選択して、Wordpressの欄の[インストール設定]をクリックします。
  3. インストールに必要な項目を入力して、[確認画面]をクリックします。
    • データベース
    • 「自動でデータベースを生成する」データベースの名前やアクセスするユーザー名などが自動で作成されます。
      複数ブログを管理する場合、データベース名でブログを判断しにくくなるなどのデメリットが考えられます。
      「作成済みのデータベースを利用する」事前にデータベースを作成しておく必要があります。

      スターサーバーでのデータベース作成方法はこちら

    • インストール先
      例えば、example.com/wpと入力すると、ブログを公開したときのトップページのURLは「http://example.com/wp」になります。
      ブログのトップページのURLを変更することもできますが初心者の方にはおすすめしません
    • ユーザー名
      ワードプレスの管理画面にログインするためのユーザー名を決めます。
    • パスワード
      ワードプレスの管理画面にログインするためのを決めます。
    • メールアドレス
      ワードプレスの更新情報などの通知が届きます。その他、プラグインなどによって使用されることがあります。
  4. インストールが完了し、情報が表示された内容をメモして管理します。

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバーを集めました

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!おすすめのテーマ徹底比較