AddQuicktagにインポートして一括登録して楽しよう | やり方解説

AddQuicktagの一括登録方法

AddQuicktagといえば投稿補助プラグインとして定番中の定番としてなくてはならないほどのプラグインですよね。

AddQuicktagあらかじめ登録しておいたHTMLタグなどをクリックひとつで投稿画面に呼び出すことができます。

ひとつのサイトを作っているなら、自分でポチポチと登録していくことになるのでそれほど苦労を感じませんが、複数のサイトを作るとき、他のサイトで使っていたクラス名などをそのまま使うことがあると思います。

そんなとき、もう一度AddQuicktagにポチポチ…なんてやっていられませんよね。

AddQuicktagには、インポート/エクスポート機能が用意されています。
この機能を使えば、簡単にHTMLなどのタグを登録することができるようになっています。

ここではAddQuicktagのインポート/エクスポート手順を記録しておきます。

管理人吹き出し画像
最近では、テーマなどであらかじめ装飾用のAddQuicktag用のファイルが提供されることもありますからね!

AddQuicktagインポート機能で一括登録手順

① [設定]-[AddQuicktag]をクリックして設定画面を開き、タグが登録されていないことを確認します。

AddQuicktagの操作画面

AddQuicktagのインポート機能は上書き登録のみです。
すでに登録しているタグが存在している場合は、表計算ソフトなどにメモをしておくようにしましょう。

② ①の画面を下へスクロールして、[ファイルを選択]をクリックしてインポートしたいファイルを選択します。(JSON形式)

AddQuicktagの操作画面
AddQuicktagの操作画面

③ [ファイルのアップロード・インポート>>]をクリックします。

AddQuicktagの操作画面

④ タグがインポートされていることを確認して終了です。

AddQuicktagの操作画面

AddQuicktagエクスポート機能で一括出力手順

① インポート時と同じく設定画面の最下部までスクロールして、[エクスポートファイルのダウンロード>>]をクリックします。

AddQuicktagの操作画面

② ブラウザからダウンロードが開始します。ダウンロードされたJSON形式のファイルがAddQuicktagのエクスポートファイルです。

Pickup プラグインを利用しなくてもテーマに同じ機能を備えている場合もあります。 当サイトでは、実際に使ってみたおすすめのテーマを紹介しています。よろしければ参考にしてみてください。

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバー集

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!おすすめのテーマ徹底比較