THE THORを2年運用したサイトを使って再評価 | ブログテーマレビュー

THE THOR再評価レビュー

THE THORといえば人気の有料Wordpressテーマで、ブログやアフィリエイトサイトなで利用されることが多いですね。

評判が良いのは知っているけれど、実際のところどうなのか、初心者でも問題なく使えるのかなど、購入するのを迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

THE THORを発売当初(2年以上)から複数のサイトで使用している経験から、THE THORを再評価していきたいと思います。

AFFINGERやDIVERなど、他の有料テーマも所有していますので、そのあたりのテーマとも比較しながらお伝えできればと思います。

結論としては、すべての点で平均以上でバランスの良いテーマで、高速化やSEO設定などの基本設定はTHE THOR内で完結できるので初心者の方にもおすすめできます。

反面、中級・上級の方にとっては、テーマ内に組み込まれた機能が邪魔に感じてしまうシーンもあるかもしれません。

管理人吹き出し画像
実際に運用しているサイトの実例を示しながら、ポイントを絞ってリアルな状態をお伝えしています。

THE THORとは

THE THORの特徴
デザイン性
高速化対策
SEO対策
初心者おすすめ
記事装飾機能
自動アップデート設定可
AMP対応
レスポンシブ対応
複数サイト利用
言語日本語
提供会社概要
販売会社名フィット株式会社
所在地千葉県印西市戸神台1-18-1
電話番号050-5360-5740
価格16,280円(税込)
カード型一覧<head><body>タグ挿入
専用ブログカードウィジェット数10+CTA
SNSシェアボタン関連記事表示
アクセス解析欄人気記事表示

無料テーマの「LION BLOG」や「LION MEDIA」をリリースしているFITが開発した有料テーマです。

長く無料テーマを提供していたこともあり、テーマ開発の実績があります。

また、このTHE THORを開発するにあたり、WEBデザイナー・SEOコンサルタント、アフィリエイター・ブロガーのノウハウを漬け込んだとしています。

  1. SEOでの優位性
  2. デザイン性
  3. 集客・収益化支援

の3つをセールスポイントにしているテーマで、AFFINGERなどと並んで人気があります。

THE THOR(ザ・トール)公式サイト

THE THORに満足しているところ

THE THORに備わっている機能はとても多くありますが、その中で私がTHE THORをメインのアフィリエイトサイトに使用し続けている理由は次の3つです。

シンプルな理由ですが、とても重要なことだと考えています。

大満足の3点

  • ページの表示速度が速い
  • モバイルページエクスペリエンスが良好になりやすい
  • 洗練されたブログデザイン
  • 相性の悪いプラグインは少ないと思われる

ひとつずつ説明していきます。

ページの表示速度が速い

ページ読み込み速度
上の画像はTHE THORを使用している300ページほどのサイトをGoogleの「Test My Site」で計測した結果です。

有名なアフィリエイトサイトと比較しても十分な表示速度となっています。

実際にブラウザからアクセスした体感速度はかなり速いです。

ちなみに当サイトは、私が初めて作成したアフィリエイトサイトで、ろくにメンテナンス(ほぼ放置)しておらず、使用しているレンタルサーバーも、入門用とも言える「スターサーバー」を使用していますが、個人的にはストレスのないスピードかなと思っています。

不要なプラグインの削除や、画像サイズを見直せばさらに速くできると思います。

先ほどのメインサイトは「エックスサーバー」を利用していて、サイト自体もしっかりとメンテナンスしているので、当サイトよりもずっと高速です。

アフィリエイトサイトには広告を掲載しますが、この広告がページ速度を遅くする原因のひとつです。
THE THORではアフィリエイト広告やアドセンスを貼った状態でも、表示速度は速いです。
管理人吹き出し画像
他に、同一サーバー内で「AFFINGER」と「SWELL」で運用しているサイトがありますが、THE THORのサイトより明らかに遅く感じてしまいます。
※もちろん、設定や記事数などの違いはあります。

モバイルページエクスペリエンスが良好になりやすい

PageSpeed Insights合格
上の画像は、THE THORを使っているメインサイトを「PageSpeed Insights」で分析した結果の一部ですが、各指標のテストに合格していることが確認できます。

Googleは、モバイルでの表示に関して徐々に重要視してきています。

ページ エクスペリエンスとは、ユーザーがウェブページで操作を行った際の、情報そのものの価値以外に関するエクスペリエンスの尺度となるシグナルのセットです。

引用元:Google検索セントラル

簡単にまとめると、ページの読み込み速度など、コンテンツの内容以外の部分でのユーザー利便性のことです。

SearchConsoleでも「ページエクスペリエンス」の項目があり、あなたのサイト内のペ
ージ毎にページエクスペリエンスが良好か評価しています。
ページエクスペリエンス良好の例
上の画像は、先ほどのTHE THORを使用しているサイトのページエクスペリエンスの評価です。

表示速度の改善対策を行った後から、サイト内のページエクスペリエンスが良好と評価されているのがわかると思います。(少し前までは100%良好だったのですが)

実は、AFFINGERやSWELLで作成したサイトはこのページエクスペリエンスが良好にできていません。(私の設定や記事の書き方が悪い可能性もあります。)
SWELLのページエクスペリエンス評価
上の画像は、テーマをTHE THORからSWELLに変更したサイトのページエクスペリエンス評価です。

残念ながら、SWELLへ変更してから評価が下がっていき、最終的に良好ページが0%にまで落ち込んでいます。

テーマをSWELLに変更してから、改めて改善対策をしていますが、現在のところ結果は出ていません。

THE THORなら、特に意識していなくてもページエクスペリエンスが良好と評価されることもありますし、されなくても改善することができた実績があるので、重要なサイトではTHE THORを使用しています。

洗練されたブログデザイン

THE THORのデザインテンプレート
転載元:THE THOR公式サイト
THE THORには、「着せ替え機能」というものがあって、あらかじめ用意されているデザインを取り込むことができます。

現在、9つのデザインテンプレートが用意されていますが、デザイナーズテーマというだけあってどれもオシャレです。

有料テーマを買ったからといって、インストールするだけではオシャレにはなりません。

細かな設定などによって作り上げる必要がありますが、テンプレートを読み込むだけでオシャレになりますから、あとはそれをあなたの好みにカスタマイズしていけば良いだけなので、サイトを作り上げる時短になります。

公式で用意されているデザインテンプレートは、「ウェブメディア風」「ブログ風」「アフィリエイト風」のものが用意されていますから、どんなサイトを作るときにでもベースとして使用できます。

私がデザインテンプレートを使用したのは、素人の私だとデザインのバランスがうまく整えられなかったからです(笑)

最近では、THE THOR以外にも着せ替え機能があるテーマがありますが、やはりその重要性が高いから同じ機能が実装されているのだと思います。

管理人吹き出し画像
私のメインサイトの場合、特別オシャレなものを目指したわけではありませんが、シンプルで記事が読みやすいサイトに仕上げることができました。

相性の悪いプラグインは少ないと思われる

私の場合、そこそこ有名どころのプラグインを入れて運用していますが、動かなかったり、エラーが出たという記憶はありません。

後ほどでも書いていますが、サイト高速化のためにいろいろな手を使ったり、プラグインを導入しました。

画像やCSSの最適化、JavaScriptの遅延読み込みや統合などのプラグインを入れましたが、特に問題なく動作しています。

AFFINGER」と「SWELL」のサイトでも同様に高速化対策を行い、プラグインを入れると動作していないことや、エラーが表示されたため、別のプラグインを探すはめになったということがありました。

各テーマ内でCSSやJavaScriptを読み込むタイミングが違ったりするため、相性の悪いプラグインが存在しますが、私の知るところではTHE THORで動かなかったプラグインはありませんでした。

ただ、以下のプラグインは公式マニュアルで「相性が悪い」と紹介されています。

  • TinyMCE Advanced
  • Jetpack
  • WooCommerce

THE THORの不満なところ

モバイル表示が遅くなる傾向がある

使い始めたときには気づかなかったのですが、多くの記事を運用してみて感じた不満点です。

THE THORはページ表示速度が速いことがメリットのひとつではありますが、Googleの「PageSpeed Insights」のモバイルスコアが思いのほか低くなっていました。

PageSpeed Insightsはサイトの表示速度対策がどの程度で実践かを示すもので、スコアが高いから速いサイトということではありません。

THE THORのPageSpeedInsightスコア
上の画像は、先ほどから紹介している記事数約300ほどを投稿している私のメインサイトのPageSpeed Insightsスコアです。

どのテーマでもPC表示に比べてモバイル表示のスコアが悪くなってしまう傾向にありますが、THE THORの場合、特にPC表示とのスコアの差が目立ちました。

体感的な表示速度は十分に速いのですが、まだまだ対策が足りていないという結果になったのはとても残念でした。

また、高速化の対策を行いましたが、実は、THE THORの機能にある以下の機能をOFFにして、同様の機能があるプラグインを使った方が、優秀だった機能もありました。

  • CSS非同期読み込み
  • img非同期読み込み
  • HTML圧縮設定

私が行った対策の詳細については「THE THORのモバイル表示改善方法」を参照してみてください。

「Googleフォント読み込み」「プロフィール表示」「遅延読み込み系」が主な負担になっているようです。

Googleフォントにこだわりのない人は、CSSを読み込まなくすると非常に効果がありますよ。

管理人吹き出し画像
結果としてはモバイル表示スコアを「83」まで改善できました。
もっと機能や表現を切り捨てれば「92」まで改善できました。

Gutenberg(グーテンベルク)未対応

Gutenberg(グーテンベルク)の例
Gutenberg(グーテンベルク)とは、Wordpressに標準搭載されたブロックエディタのことです。

私自身はもともとテキストエディタを使っているので、Gutenberg未対応であることに不自由はありません。

しかし、テキストエディタを使っていない人からすると、せっかくTHE THORで用意されているボックスやボタンの呼び出しのために、クラシックエディター(旧エディタ)を使用しなければならないことになります。

多くの方が旧ビジュアルエディタを使っていることを考えると、Gutenbergに対応していないと不便に感じることがあるのではないかと思います。

最近では、「AFFINGER」や「SWELL」、「STORK19」など、標準でGutenbergに対応してきています。

私も、テーマの機能をフルに使うためには、今後、Gutenbergの使い方に慣れていかなければならないと考えるようになりました。

管理人吹き出し画像
いずれはTHE THORでも対応するのではないかと思っています。

マニュアルがわかりにくい

これは発売当初から変わらない不満点です。

THE THORは多機能ですが、設定する場所がわからないということが多いです。

他の多機能テーマであれば、ダッシュボードに専用のメニューを作ったり工夫されていますが、THE THORにはありません。

マニュアルで調べようと思っても、簡素な説明だけで全くわからないことも多いです。

発売からある程度期間が経過した今も、改善の様子はありませんから、今後もマニュアルが改善することはないでしょう。

幸い、THE THORは人気テーマのため、多くのブロガーの方が使い方やカスタマイズ記事を書いてくださっています。
公式マニュアルで調べるよりも、直接ググった方が詳しい情報が得られます。
管理人吹き出し画像
多くの記事がヒットするので、ほとんどの疑問は解決します。(有難うございます)

WordPress初心者の方におすすめできる4つのポイント

1.記事ごとにSEO設定が簡単にできるから

SEO設定
記事ごとにできるSEO設定項目はシンプルで多くはありませんが、記事のタイトルやメタディスクリプション、インデックスさせるかどうかなどの基本設定ができますので、別途「All in One SEO Pack」や「Jetpack」などの重いSEOプラグインを入れる必要がない点です。

また、サイト全体の設定についてもTHE THOR内でSEO対策ができるので、プラグインを調べる必要もありません。

SEOに関して難しいことを考える必要がありませんから、サイト作りに集中できます。

知識がついてから、THE THORでSEO対策をするのか、別途プラグインをインストールするのかゆっくりと検討することができます。

初心者の方に勘違いしてほしくありませんので、お伝えしますが、「THE THORはSEOに強い」とか「THE THORにしてから検索順位が上がった」という話は、かなり大げさで、実際には「Googleなどのクローラーに正しく情報が伝わるような構造で作成しています」ということです。

ですから、テーマを変更して検索順位が上がったというのが事実であるなら、それは「前のテーマがSEOに弱かった」ということです。

今のSEOはコンテンツ内容が最重要点ですから、テーマを変更するだけでSEO対策になるとお考えの方は注意してください。

管理人吹き出し画像

2.見出しやボックスなどの装飾が豊富で簡単に挿入できるから

THE THORの装飾呼び出し画面
THE THORでは、見出しやボックス、ボタンなど、記事を装飾できるものが数多く用意されています。

先ほど、Gutenberg(グーテンベルク)に未対応であることを不満点に挙げてはいますが、旧エディタを使えば上の画像のように簡単に記事を装飾できます。

他の有料テーマでも記事の装飾を簡単に呼び出せるよう工夫がされていますが、THE THORも同様に簡単にできます。

ただし、現在のところGutenberg未対応ですから、Wordpress公式が提供している「Classic Editor」というプラグインをインストールしておけば、画面のような旧エディタを使用することができます。

初心者の方でも比較的慣れやすいはずです。

管理人吹き出し画像
Gutenbergは直感的に使用できるエディタですが、慣れるまで少し時間がかかるような気がします。
私は苦手なので旧エディタを使っています。

3.HTMLやCSS、画像の最適化機能がある

THE THORのセールスポイントに、表示速度があるのはすでにお伝えしているところです。

一般的な他の有料テーマでは、サイトを高速化するためにいくつかのプラグインをインストールする方が多く、HTMLやCSSを軽量化したり、画像を遅延読み込みする機能のものを使います。

しかしTHE THORでは、これらの機能をカスタマイズ画面から、チェックボックスにチェックするだけで有効化できます。

ただ、不満点(モバイル表示が遅くなる傾向がある)で記載していますが、これらと同じ機能はプラグインを使った方が効果が高いこともありますが、初心者の方であれば難しい設定に悩むことなく、サイトの高速化ができるのがポイント。

4.サーバー・サポート付きプランもあるから

ここまで読んでいただいて、Wordpressを初めて利用するから、話がわからないという方もいらっしゃるかもしれません。

そもそもレンタルサーバー自体使ったことがない方もいらっしゃいますよね。

そういった方のために、THE THORでは「らくらくサーバーセットプラン」というプランが用意されています。

これは、Wordpressのインストールに必要な「サーバー」、あなたのブログのURLになる「ドメイン」、WordpressやTHE THORのインストールの代行までセットになったプランです。

通常、月額1,650円必要なサーバーをドメイン代金を含めて月額換算1,595円で提供されています。

初心者の方に月額1,595円のサーバーが必要かどうかは置いておいて、サーバーの設定など難しいことは全部おまかせできる安心感があります。

通常、個人ブログであれば月額500円~1000円程度のサーバーで充分ですが、難しいことから解放されるという点に魅力を感じる方は、利用されてみてはいかがでしょうか。

初年度はテーマ代金を含めて30,140円、次年度からはサーバー・ドメイン代金のみ(年間19,140円)という料金設定になっています。

いや、それでは高いという方は「スターサーバー」(月額550円程度)など、比較的使いやすく少し安いサーバーを利用してみるのも良いかもしれません。(もちろんですが、スペック的には劣ります。)

管理人吹き出し画像
個人に圧倒的人気の「エックスサーバー」も1年契約なら13,200円、それにドメイン代金が約1000円~1500円程度ですから、スペックの高いサーバーを使用しているというのであれば妥当な金額かなと思います。

THE THORを上手く使う方法

THE THORは多機能で、プラグインをインストールする数を減らすことができると言われることがあります。

確かに、難しい設定をする必要も、プラグインとの相性も考える必要がないので、初心者の方は重宝すると思いますが、THE THORにある機能よりもすぐれた機能を持つプラグインもあります。

THE THORの機能を使わずに、同じ機能のプラグインを割り切って使う決断も必要です。

また、どうしてもGoogleフォントを使いたいという方以外は、読み込ませないようすると、PageSpeedInsightsのスコアが大きく改善します。

サイトを新規に作る場合は、設定画面とにらめっこせずに、デモサイトから最も近いテンプレートをベースにカスタマイズするようにしましょう。

明らかに時短になりますよ。

まとめ

細かな機能についてひとつずつ説明していませんが、他にもいろんな機能があります。

ここでは、私が2年以上運用してきて感じたことや、これから重要になってくるであろうモバイル表示についてTHE THORの現状もお伝えしてきました。

初心者の方であっても入りやすいテーマであると同時に、中上級者にとっては不要な機能もあるテーマと言えます。

使用するかどうか迷うような機能は、SWELLやAFFINGERのようにプラグイン化して配布した方が、サイト自体の軽量化につながるのではないかと個人的には思います。

ただ、十分に高速表示であることと、GoogleのPageSpeedInsightsでのスコアも改善しやすいというのはかなり高く評価しています。

デザインも洗練されていて、テンプレートの配布がされているので、デザインが下手な私でも、それなりに見やすいサイトに仕上げられています。

そのため、収益化したいなど、ここ一番期待しているサイトにはTHE THORを使うようにしています。

管理人吹き出し画像
モバイル表示がどれくらい検索順位影響があるのかは不明ですが、知らないうちに損をしているのが嫌なのでモバイル表示に強いテーマを選んでいます。

当サイト特典でTHE THORをさらに便利にできる

当サイトでは、SEO・ライティング、アフィリエイトの稼ぎ方など効果の示しにくいものではありません。

事前に効果を想像していただけるような次の2点とさせていただいています。

  1. 当サイトオリジナル開発プラグイン2個
  2. アドセンス対策やリライト用上質100記事

それぞれ結構な金額の外注費をかけていて、特にプラグインは小さな機能ですが、使い方次第で収益化に活用できるはずです。

他のテーマでも使用できるので、工夫して使っていただければ必ずお役に立てると思います。

注意 当特典は、数量等の都合により予告なく終了する可能性があります。

オリジナルプラグイン①

プラグイン①の概要
このプラグインを使うと次のことができるようになります。

投稿ページ

  • ヘッダー部(前)に任意のコードを挿入が可能
  • フッター部(前)に任意のコードを挿入が可能
  • メモの保存が可能(THE THORにも同機能あり)
カテゴリ・タグページ

投稿ページの機能に加えて、「noindex/nofollow」を個別に設定することが可能

いずれも該当するページの編集画面内に出現するフォームに入力して保存するだけなので簡単に使用できます。

投稿ページのメモ欄についてはTHE THORでもアップデートにより実装されましたが、当プラグインで保存しておけばテーマを変更しても有効なままなので便利です。

管理人吹き出し画像
CSSやJavascriptのカスタマイズやSEO対策にも利用していただけます。
⇒ もっと詳しくプラグイン①の使い方を見る

オリジナルプラグイン②

プラグイン②の概要
私がサイト運営で使っている便利な機能をショートコードとして使えるようになります。

管理人吹き出し画像
以前は子テーマとして配布していましたが、導入しやすいようにプラグイン化しました。
さらに使えるショートコードの数も増えています。
ショートコード一覧

  • PCからの閲覧者に対してのみ表示する
  • スマホ/タブレットからの閲覧者に対してのみ表示する
  • iphoneなどiOS デバイスからの閲覧者に対してのみ表示する
  • Android デバイスからの閲覧者に対してのみ表示する
  • トップページにのみ表示する
  • トップページ以外のページで表示する
  • 特定の記事に対してのみ表示する(複数記事の指定が可能)
  • 特定のカテゴリに属する記事のみに表示する
  • 生年月日から満年齢を自動表示
  • 閲覧日の「年」「月」「日」をそれぞれ表示(THE THORにも類似機能あり)
  • 指定した日付までの残り日数を表示
  • 指定した日付まで表示するコンテンツを挿入
  • 指定した日付から表示するコンテンツを挿入
  • 指定した期間だけ表示するコンテンツを挿入
  • 指定した時間だけ表示するコンテンツを挿入

紹介した人の年齢を常に自動更新させたり、キャンペーン情報などをあらかじめ設定しておくなど使い方はあなた次第です。

表示させたい広告をページごとやデバイスごとで変化させることもできますよ。

記事本文だけでなく、記事タイトルやウィジェットにも使用することが可能です

⇒ プラグイン②の便利な使い方を詳しく見る

アドセンス対策やリライト用上質100記事

プラグインのおまけという位置づけですが、より高品質な記事だけを集めています。

1000記事、2000記事を配布されているサイトよりは確実に品質の高い記事となっていて、いずれも私自身が1文字1.5円~2円で直接外注した記事で、使用する予定がなくなったものが中心です。

記事ジャンル

  • ビジネス系(30記事)
  • 資格系(5記事)
  • 育毛系(20記事)
  • 口臭系(45記事)

ビジネス系や資格系は一般的な内容となっているので、雑記ブログであっても使用できますし、選んで使用すればアドセンスにも合格できるのではないかと思っています。

他のジャンルはリライトしてサテライトサイトに使用していただいてもよいですし、しっかりと調査して情報を追加していただければアフィリエイトサイトにも十分使えるものになっています。

初心者の方で、今は使い道が浮かばない場合でも、1文字1.5円~2円程度の費用ならこの程度の質の記事が納品されるんだなとイメージすることができます。

/初心者も上級者も満足できる超高速テーマ\

購入・特典受取時の注意

※ 購入時に必ず「スタープレス限定特典」と表示されていることを確認してください。

特典のお受け取りは、購入したテーマダウンロード画面と同じページの下部に特典ダウンロードボタンから行うことができます。

満足できる!!
レンタルサーバー集

実際に使ってわかった初心者にもおすすめできるサーバー集

これで戦える!
WordPressテーマ集

ブログも!アフィリエイトも!おすすめのテーマ徹底比較